【海外駐在歴8年】海外赴任時に持って行くべきオススメの納豆を徹底紹介!

【海外滞在歴8年】海外赴任時に持って行くべきオススメの納豆を徹底紹介! 海外赴任コース
ケイタ君
ケイタ君

海外赴任時にどの納豆を持って行けばいいか悩む人
✅僕は毎日、納豆を食べないと、生きていけないだけど、海外にスーパーで売っている納豆自体持っていけないから、困っているよ!
✅フリーズドライや干し納豆など種類がたくさんあって、どれを持って行けばいいか分からないよ!
✅海外在住経験のある人がオススメする納豆はあるけど、色んなタイプの納豆を比較してから、購入したいよ!

今日はこういった疑問に答えていくよ

鈴木先生
鈴木先生

本記事のテーマ
【海外駐在歴8年】海外赴任時に持って行くべきオススメの納豆を徹底紹介!

海外赴任時に持って行くべきオススメの納豆(お急ぎの方はこちらからどうぞ)
第1位:納豆菌(現地で納豆を作る。最もオススメ!)
第2位:フリーズドライ型
第3位:干し納豆
第4位:納豆ふりかけ
    最後にまとめ

記事の信頼性

✅筆者は元国家公務員(元外交官)。フランス語圏アフリカなどに約8年間駐在経験あり
✅筆者は朝に納豆を食べないと、生きていけないくらい、納豆を愛している
✅8年間の海外生活中、乾燥納豆などで海外でも「納豆生活」を維持していた

読者の皆さんへの前置きメッセージ
 本記事は「海外赴任時にどの納豆を持って行くべきか」と悩んでいる方向けの内容になります。私も海外赴任時が決まった時、「海外勤務だと、毎日、納豆が食べれなくなる!」と不安になりました。

 そのような不安を感じているそこのあなたに、8年間の海外生活中に「乾燥納豆」の納豆などで「納豆生活」を維持してきた経験をもとに結論付けた、オススメの納豆の形態4つを比較しながら、紹介していきます

 人によって、「味を重視する」、「軽さを重視する」など千差万別のため、それぞれの特徴を踏まえて、あなたの趣向に合った納豆をぜひ見つけてくださいね!

 ぜひ、美味しい納豆を食べて、日本にいたときと変わらないパフォーマンスを海外でも発揮して、海外生活をエンジョイしましょう!この記事が皆さんの不安の解消に役立てば、大変嬉しく思います。

スーパーで売っている普通の納豆は持って行けないのか?

ケイタ君
ケイタ君

ねぇ、スーパーで売っている普通の納豆は海外に持って行けないの?冷凍すれば持って行けるんじゃない?

一応、普通の納豆も海外に持っていけるけど、以下のような理由でオススメできないね。

鈴木先生
鈴木先生

スーパーで売っている普通の納豆(冷蔵・冷凍)を海外に持って行くべきではない理由
✅スーパーで売っている普通の納豆が最も安いが、ある程度の量を持って行こうとすると、かなりかさばる
✅ある程度の量の納豆を持って行っても、すぐに食べてなくなってしまう(結構辛い!
✅冷蔵・冷凍納豆を保冷剤などと一緒に持って行ったとしても、衛生面が心配(その納豆を食べて、お腹壊したくない!
✅冷蔵で持って行く場合、賞味期限がすぐに来てしまう
✅海外の日本食スーパーの冷凍納豆はとにかく高い!(日本の4倍程度はします) etc.

ケイタ君
ケイタ君

なるほどね。納豆以外にも持って行きたい日本食もあるから、かさばるのはとっても困るね。

そうだね。衛生面も心配だよね。だから、海外でも、納豆ライフを楽しめる別の納豆をこれから紹介していくね。

鈴木先生
鈴木先生

今回紹介する4つの納豆を味・コスパ・軽さなどで徹底比較!

 まずは今回オススメする4つの納豆を紹介します。それぞれ「フリーズドライ」、「納豆菌」、「干し納豆」、「納豆ふりかけ」とタイプが違いますが、私は海外滞在8年間で「納豆菌」以外の納豆は、実際に海外に持って行きました。

 各納豆の特徴に私なりの評価も加えて、表にまとめました。それぞれの項目について、詳しくみていきましょう。

鈴木先生
鈴木先生

それではこの4タイプの納豆の特徴などについて説明していきますね。

海外赴任時に持って行くべきオススメ納豆4選の比較表

種類画像タイプ納豆
の味
納豆の量
(あくまで目安)
作る手間価格帯
(目安・送料除く)
コスパ軽さかさば
らない
機内
持ち込み
賞味
期限
Amazon評価
(2024年1月時点)
特徴
位:
納豆菌
納豆菌納豆菌
(液体)
100
kg

(市販の納豆パック
2,000個分
)
手間が
結構かかる
2,780円

3,516円
1年間4.3・100kgもの大量の納豆を作れる
・2,780円で100kgの納豆ができる最強コスパ!
・無臭の液体タイプ
・秘伝のマニュアル付き
2位:
フリーズ
ドライ
納豆
フリーズドライ納豆フリーズ
ドライ
100g
3個
(約30日分)
ほとんど
手間がかからない
3,100円

3,639円

(100gパック3個分の値段)
1年間
(製品によって
賞味期限は異なる)
4.4・一日10gを目安に食べれば、30日間も納豆が食べれる(1パックの量)
お湯で戻せば、簡単に「ネバネバ」納豆に戻る
安心の国産大豆を使用。しかも無添加!
・乾燥納豆のため、においがきつくない!
・便利な保存方法チャック付き袋入り
3位:
干し納豆
干し納豆干し
納豆
ほとんど
手間がかからない
1,109円
(200gック
1つの値段)
半年3.9・国産丸大豆100%使用
干物程度の硬さ
・味は普通の納豆と同じ
おつまみとして最適
4位:
納豆
ふりかけ
納豆ふりかけふりかけ×楽ちん!793円

2,469円

(40g×3個の値段)
1年
程度

(製品によって
賞味期限は異なる)
4.5・納豆だけでなく、有明産の海苔もたっぷり入ってる
・納豆パスタなど他の料理にも使える
・納豆ふりかけのため、においがきつくない!
筆者が実際に海外に持って行って食べた体験から独自に評価
※赴任先によっては、税関で没収されることもありますので、よく確認しましょう!
ケイタ君
ケイタ君

4つに絞ってくれたけど、どれを選べばいいかよく分からなくなってしまったよ。

心配しないで。今から僕が4つの納豆の特徴や素晴らしいところなどについて分かりやすく説明してくよ。

鈴木先生
鈴木先生
\大量に納豆を食べたい人は「納豆菌」がオススメ!/
\「フリーズドライ納豆」が最も手軽でラク!/
\硬めの「おつまみ納豆」がお好みの方には、「干し納豆」がオススメ!/
\手軽に納豆の味を楽しめる「ふりかけ」もありでしょ!/

1位:手間がかかってもいいから、海外でも美味しい納豆をたくさん食べたい人には、「納豆菌」がオススメ

出典:Amazon商品紹介ページ(以下の複数の画像も含む)
鈴木先生
鈴木先生

まず、圧倒的な量と美味しさを兼ね備えた「宮城野納豆製造所の納豆菌」を紹介します。この商品の素晴らしいところは、以下のとおりです。

「宮城野納豆製造所の納豆菌」の素晴らしいところ
✅50kgの大豆で、なんと100kgもの納豆ができる(あなたの胃袋も大満足!)
✅圧倒的な量の納豆が作れるのに、納豆菌はたったの100ml(かさばらず、重くない!)
✅無臭の液体タイプのため、臭いも気にならない
✅納豆菌から作る納豆のため、市販の納豆に最も近い味が再現できる!
✅マニュアル付きのため、納豆菌初心者でも大豆を楽しめる(安心!) etc.

安心の「納豆作り方マニュアル」付き!
大豆50kgで100kgの納豆ができるとは!!
こんな美味しそうな納豆を海外で食べれる!
ケイタ君
ケイタ君

「納豆菌」で作る納豆か!これなら、海外でも毎日好きなだけ納豆が楽しめるね!

最高だよね!でもね、この商品のデメリットもしっかり理解しておこうね。

鈴木先生
鈴木先生

「宮城野納豆製造所の納豆菌」のもうちょっと頑張って欲しいところ
✅現地で大豆を調達する必要がある(大豆を売っていない国は基本的にない!)
✅マニュアルがあるとはいえ、納豆作りに失敗することがある(丁寧なマニュアル通りに作れば、大丈夫!)
✅納豆を作るのに3日かかる(大好きな納豆のためなら、3日くらい待てる!)
✅賞味期限が1年と「海外赴任には」ちょっと短い(作った納豆を冷凍すれば、問題解決!) etc.

鈴木先生
鈴木先生

私の海外駐在時にこんな素晴らしい商品に出会えていたら、もっと楽しい納豆生活を送れてたでしょうね。家族で納豆作りするのも、いい思い出になりますよ

\大容量・最強コスパであなたの海外納豆生活をサポート/

2位:「大容量の納豆はいいから、必要なときだけ納豆を楽しみたい!」という人には、「自然健康社フリーズドライ納豆」がオススメ

出典:Amazon商品紹介ページ(以下の複数の画像も含む)
鈴木先生
鈴木先生

では、次に「100kgも納豆はいらないし、手間もかけたくない」という方には「自然健康社フリーズドライ納豆」がオススメですよ!オススメする理由は以下のとおりです。

「自然健康社フリーズドライ納豆」の素晴らしいところ
✅一日10gを目安に食べれば、30日間も納豆が食べれる(3パックの量)
✅乾燥納豆の重さに対して1.3倍のお湯を入れ、約30分置いてから混ぜるとネバネバの納豆になる
✅「納豆菌」と違い、現地大豆の購入が不要になる(安心の国産大豆を使用。しかも無添加!)
✅乾燥納豆のため、においがきつくない!(家族内に納豆嫌いがいても、これなら安心!)
✅便利な保存方法チャック付き袋入り(保存がメチャクチャ楽!)
✅そのまま納豆ふりかけとしても活用できる! etc.

水で戻せば、ネバネバ納豆になる!
乾燥納豆だから、ニオイがマイルド!
安心の国産大豆!現地での大豆購入は不要!
ケイタ君
ケイタ君

乾燥納豆も扱いやすそうだね!しかも、僕の好きな「ひきわり納豆」だね!

「ひきわり納豆」があると、納豆巻きも作れるしね!でもね、この商品のデメリットもしっかり認識しておこうね。

鈴木先生
鈴木先生

「自然健康社フリーズドライ納豆」のもうちょっと頑張って欲しいところ
✅納豆の量に関しては、圧倒的に「納豆菌」に負けてしまう
✅ほとんど手間がかからないとはいえ、ネバネバ納豆にするには約30分も時間がかかってしまう(大好きな納豆のためなら、30分くらい待てます!)
✅「100gパック3つ(約30日分)」で3,000円以上するため、コスパは良くない(でも、お手製納豆巻きをホームパーティーで披露したくないですか?)
✅賞味期限が1年と「海外赴任には」ちょっと短い(納豆を冷凍すれば、問題解決!) etc.

鈴木先生
鈴木先生

でも、必要なときだけ食べるのなら、これで十分ですよ。ひきわり納豆で納豆巻きを家族で作るのも、海外赴任の1つの楽しい思い出になりますよ。

\手軽に納豆を楽しみたい方には、フリーズドライ!/

3位:「ネバネバ納豆より、硬めの【おつまみ納豆】がいい人には、「天狗のほし納豆」がオススメ!

出典:Amazon商品紹介ページ・天狗納豆HP(以下の複数の画像も含む)
鈴木先生
鈴木先生

次に「ネバネバ納豆じゃなくて、硬めの【おつまみ納豆】だけあればいい!」という人には「天狗のほし納豆」をオススメします。

「天狗のほし納豆」の素晴らしいところ
✅こだわりの国産丸大豆100%を使用(安心!)
✅お酒やお茶のおつまみとして最適(心が癒される
✅パリパリではない「干物くらいの硬さ」を楽しめる!
✅サイズが4種類あるため、必要な量を選べる!
✅「納豆菌」と違い、現地大豆の購入が不要になる(安心の国産大豆を使用!)
✅干し納豆のため、においがそれ程きつくない!(家族内に納豆嫌いがいても、これなら安心!)
✅白いご飯にそのまま載せて、食べることができる(実体験済み!) etc.

素朴な味わいの伝統食!
お酒やお茶のおつまみとして最高!
60g~800gと必要に応じた量を選べる!
ケイタ君
ケイタ君

確かにおつまみとしての「干し納豆」も海外で食べたくなりそうだよね。

お客さんが来たときに、「干し納豆」出しても、面白いね。でもね、この商品のデメリットもしっかり認識しておこうね。

鈴木先生
鈴木先生

「天狗のほし納豆」のもうちょっと頑張って欲しいところ
✅納豆の量に関しては、圧倒的に「納豆菌」に負けてしまう
✅干し納豆を普通の納豆に戻すのは、難しい
✅おつまみ以外の用途には使いづらい(ご飯に載せても美味しいですよ!)
✅「200gパック1つ」で1,100円以上するため、コスパは良くない
✅賞味期限が半年と「海外赴任には」かなり短い etc.

鈴木先生
鈴木先生

以上のようなデメリットがあるので、「干し納豆」に関しては、「おつまみ」用として割り切って使いましょう!日本的な「おつまみ」は、外国人にも受けますし。

\「おつまみ用の納豆だけあればいい」人には「干し納豆」がオススメ!/

4位:「超手軽に納豆ご飯に近いものが食べられるだけでOK!」の人には、「通宝海苔の納豆ふりかけ」がオススメ!

出典:Amazon商品紹介ページ(以下の複数の画像も含む)
鈴木先生
鈴木先生

最後に「超手軽に納豆ご飯に近いものが食べられるだけでOK!」という方には「通宝海苔の納豆ふりかけ」がオススメですよ!オススメする理由は以下のとおりです。

「通宝海苔の納豆ふりかけ」の素晴らしいところ
✅白いご飯に振りかけるだけで、納豆に近い味と風味を感じられる!
✅納豆だけでなく、有明産の海苔もたっぷり入ってる
✅納豆ふりかけのため、においがきつくない!(家族内に納豆嫌いがいても、これなら安心!)
✅納豆パスタとしても使える(料理を考える面倒くささから解放!
✅便利な保存方法チャック付き袋入り(保存がメチャクチャラク!)
✅Amazonの評価が「4.5」とかなり高い!(2024.1時点) etc.

ケイタ君
ケイタ君

確かに「納豆ふりかけ」でもいいって人はいるよね。手軽だし、のりも美味しそうだね。

忙しいビジネスマンにピッタリな商品だね。でも、この商品のデメリットもしっかり認識しておこうね。

鈴木先生
鈴木先生

「通宝海苔の納豆ふりかけ」のもうちょっと頑張って欲しいところ
✅納豆の量に関しては、圧倒的に「納豆菌」に負けてしまう
✅1パック40gしかないため、すぐになくなってしまう
✅納豆の割合が、海苔より少ない
✅賞味期限が1年程度と「海外赴任には」ちょっと短い etc.

鈴木先生
鈴木先生

でも、ふりかけ自体は軽い(1つ40g)ので、「納豆ふりかけ」好きの方は、たくさん持っていくといいですよ。

\納豆の味を楽しめる「ふりかけ」もありでしょ!/

海外赴任時に持って行くべきオススメの納豆を徹底紹介!~まとめ~

 いかがでしたか?ちょっと情報量が多かったので、最後に簡単におさらいをしておきましょう。

本日のおさらい
✅スーパーで売っている普通の納豆(冷蔵・冷凍)を海外に持って行くのは、難しい
✅海外の日本食スーパーなどで売っている納豆は、日本の4倍以上して高い
✅手間がかかってもいいから、海外でも美味しい納豆をたくさん食べたい人には、「宮城野納豆製造所の納豆菌」がオススメ
✅「大容量の納豆はいいから、必要なときだけ納豆を味わいたい!」という人には、「自然健康社フリーズドライ納豆」がオススメ
✅「ネバネバ納豆より、硬めの【おつまみ納豆】がいい人には、「天狗のほし納豆」がオススメ!
✅「超手軽に納豆ご飯に近いものが食べられるだけでOK!」の人には、「通宝海苔の納豆ふりかけ」がオススメ(納豆パスタも作れる!)!

ケイタ君
ケイタ君

ありがとう、鈴木先生!僕は毎日納豆を食べたいから、「納豆菌」を持って行くことにするよ。

納豆と言っても、色々な種類と特徴があるから、自分のスタイルに合った納豆を選びましょう!

鈴木先生
鈴木先生
鈴木先生
鈴木先生

コメントや質問は大歓迎だよ。コメント欄やお問い合わせフォームから何でも気軽に聞いて下さいね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました