PR

【海外駐在歴8年】一時帰国時の日本の滞在先について徹底解説!(東京編)          

【海外駐在歴8年】一時帰国時の日本の滞在先について徹底解説!(東京編) 海外赴任コース
ケイタ君
ケイタ君

一時帰国時にどこに滞在すべきか悩んでいる人
✅今度、待ちに待った一時帰国で東京に帰るんだけど、一時帰国の滞在先をどうすべきか悩んでいるんだ。
✅東京に実家はあるんだけど、実家だけにずっと泊まると、親に負担をかけそうだし、配偶者の実家だと、気疲れしそうだよ。
✅ホテルにずっと泊まるのもありかもしれないけど、ホテル代もバカにならないくらい高いしね。
✅一時帰国の人って実際、どこに滞在しているのか、詳しく知りたいよ!

僕も8年間の海外赴任中に「9回」も一時帰国したから、滞在先の苦労はよく理解できるよ。今日は「一時帰国時の日本の滞在先(東京)」について詳しく説明していくね。

鈴木先生
鈴木先生

 なお、本記事で取り上げる「実家」、「ホテル(通常の予約)」、「ホテル(サブスク)」に関しては、東京以外の出身者の方も利用できる滞在先ですので、参考にしていただければと思います。

本記事の構成 (お急ぎの方はこちらからどうぞ!)
  1. 一時帰国時の滞在先候補①:実家
  2. 一時帰国時の滞在先候補②:ホテル(通常の予約)
  3. 一時帰国時の滞在先候補③:ホテル(サブスク)
  4. 一時帰国時の滞在先候補④:ウィークリー(マンスリー)マンション
  5. まとめ
記事の信頼性
  1. 筆者は元国家公務員(元外交官)。フランス語圏アフリカなどに約8年間駐在経験あり
  2. 海外赴任8年間の間に合計9回の一時帰国を経験
  3. 「1週間」、「2週間」、「1ヶ月」の期間の一時帰国を経験
  4. ウィークリー(マンスリー)マンションについては、利用経験のある知人にインタビュー
右上の「お問い合わせ」ボタンからいつでもお気軽にお問い合わせくださいね!
実家近くのイメージ

一時帰国の滞在先の第一候補は「実家」です。まず、一時帰国時に「実家」に滞在するメリット・デメリットを見ていきましょう。

鈴木先生
鈴木先生

 因みに、ここで扱う「実家」とは「自分の親などが住む実家」と「配偶者の親などが住む実家」の2つです。

実家に滞在するメリット
  • ホテル代などの費用がかからない (最大のメリット)ため、長期間滞在しやすい
  • 両親などが料理や洗濯などをしてくれる
  • 自炊が可能になる (ホテルにはないメリット)
  • 慣れ親しんだ実家のため、安心感がある
  • 実家にある車や自転車などが使える
  • 両親などに元気な姿を久しぶりに見せることができる etc.
実家に滞在するデメリット
  • 配偶者の実家に滞在する場合は気疲れをする
  • 実家の両親などの負担が増える
  • 自分の実家でも、「自分なし」の生活スタイルに慣れている両親などの生活バランスが崩れる
  • 実家の「食費・光熱費代」などが増える
  • 自分の部屋だった場所が物置などになっていて、使えないこともある
  • 行動範囲が実家から通える範囲となりがち etc.
ケイタ君
ケイタ君

「実家」に滞在するのが一番いいのは分かるけど、意外と「デメリット」もあるんだね。

そうなんだ。メリットデメリットをしっかり理解して、「実家」に滞在するか決めようね。最後に「実家」に滞在する人への「ちょっとしたアドバイス」をしておくね。

鈴木先生
鈴木先生
「実家」に滞在する人へのアドバイス
  1. 両親などに負担がかからないように、食事や洗濯などの家事を積極的に手伝う
  2. 食費や光熱水料費などの一部を負担する (実家通いの新卒社会人が実家に給料の一部を入れるイメージですね)
  3. 配偶者の実家に滞在するときは、気疲れすることが多いので、滞在期間は極力短めにした方が無難 etc.

いくら「実家の滞在費」がかからないからと言って、お金を入れないで滞在するのは良くないので、「食費などの一部を負担」したり、「家事などの手伝い」を積極的にしたりして、実家の両親などとの良好な関係維持しましょう!

鈴木先生
鈴木先生
ホテルのイメージ

次の滞在先は「ホテル」です。まずは、一時帰国時の滞在先を「ホテル」にするメリット・デメリットを確認しておきましょう。

鈴木先生
鈴木先生
ホテルに滞在するメリット
  • 実家に泊まった場合の気疲れ感じなくて済む (最大のメリット)
  • 自分の都合などに合わせて、ホテルを変えることも可能
  • 複数のホテルに泊まって、気分を変えることができる
  • 朝食を準備しなくて済む (朝食ありプランの場合)
  • 部屋の掃除やシーツの取替などをしなくて済む
  • 光熱水費を気にすることなく、お風呂やシャワーを使える etc.
実家に滞在するデメリット
  • とにかくお金かかる (最大のデメリット)
  • 「ホテル探し・予約」に時間と労力が取られる
  • 基本的に自炊ができない
  • 洗濯機や乾燥機などを自由に使えない
  • 自分の家ではないので、何となく落ち着かないこともある
  • 予約がいっぱいで、希望するホテルに泊まれるとは限らない etc.
ケイタ君
ケイタ君

なるほどね。「ホテル」に泊まるのにも、「お金がかかる」以外のデメリットがあるんだね。

そうなんだ。メリットデメリットをちゃんと理解して、「ホテル」に滞在するかどうか決めようね!最後に一時帰国時に「ホテル」に滞在する人への「ちょっとしたアドバイス」を送るね。

鈴木先生
鈴木先生

【参考】一時帰国時のホテル予約サイトの一覧

「ホテル」に滞在する人へのアドバイス
  1. 1週間~2週間程度、「短期間」一時帰国をする人で、「実家がない」、「実家に滞在することができない」などの理由がある人には「ホテル滞在」がオススメ
  2. お得な「長期滞在プラン」を探しやすい「ホテル予約サイト」を活用する
  3. 日本に一時帰国する前に、赴任国から事前にホテルを予約しておく (最近はインバウンド需要でホテルの予約も取りづらくなってきてます) etc.

「ホテル滞在」の最大のデメリットは「お金がかかる」ですね。少しでもホテル代を抑えるには、以下のような「長期滞在プラン」のあるホテルを予約するのも1つの手です。参考までに「長期滞在プラン」のホテルを調べられるサイトのリンクを貼っておきますね。

鈴木先生
鈴木先生
【参考】長期滞在プランのホテルを探しやすい「ホテル予約サイト」
サブスクのイメージ
ケイタ君
ケイタ君

一時帰国中は「ホテル」に滞在したいんだけど、長期間滞在すると、お金がなくなってしまいそうだよ。何かいい方法はないかな?

なるほどね。そういう場合は「ホテルのサブスク」を試してみるといいよ。「ホテルのサブスク」ができるオススメのサイトを参考までに紹介しておくね。

鈴木先生
鈴木先生
【参考】ホテルのサブスクサイト
  1. goodroom(サブスくらし):「月額69,800円〜」で2週間から住めるホテル・マンスリーのサブスク。長期滞在ホテル掲載数はナンバーワン!
  2.  unitoユニット:スマホやLINEで契約、即日暮らしが可能。契約初月はリレント可能日数が1日あたりの日割り計算が適用される (参照ページはこちら)
  3. tsugitsugiツギツギ: 全国200以上の施設に1泊単位で自由に泊まれる。同伴者1名無料、2泊 23,980円~

※今後、「ホテルサブスク」に関する詳細な記事を書く予定です。執筆が終わりましたら、こちらで紹介させていただきます。

ウィークリーマンションのイメージ

最後の滞在先は「ウィークリー(マンスリー)マンション」です。実際に、私の知人が利用したことがある「ウィークリーマンション予約サイト」を2つ紹介します。

鈴木先生
鈴木先生
東京コンシェルジュが提供するマンションの部屋
出典:東京コンシェルジュ公式HP
鈴木先生
鈴木先生

まず、1つ目のウィークリー(マンスリー)マンションの予約サイトは「東京コンシェルジュ」です。まずは「東京コンシェルジュ」の特徴やメリットを確認しましょう。

東京コンシェルジュの特徴
  • 手続き簡単で、即日入居OK
  • 1人~2人滞在できる物件を扱う
  • 丁寧なコンシェルジェサポート
  • 「バス・トイレ別」、「最寄り駅5分以内」などのこだわり検索も可
  • Lineで気軽に問い合わせができる etc.
東京コンシェルジュのメリット
  • 敷金礼金ゼロ
  • 全室駅チカ (駅徒歩10分以内)
  • 全室家電・家具・羽毛布団設置
  • 全室キッチン付き (自炊可能になる!)
  • 全室新耐震基準を満たす (木造物件なし)etc.

実際に「東京コンシェルジュ」を利用したことのある知人に、「東京コンシェルジュ」のメリットやデメリットを聞いてみました。以下をご覧ください。

鈴木先生
鈴木先生
「東京コンシェルジュ」を利用経験のある知人の感想
  1. どの部屋もキレイで、安心できました。
  2. 女性スタッフ多く、問い合わせても、スタッフからの返信早くてとてもいい会でした。
  3. 特に女性で、マンスリーマンション初心者には使いやすいと思います!
  4. 他のマンスリーマンションに比べると、料金が「比較的高い」と感じました (ただ、マンスリーマンションの中では高額ではないです)。
ケイタ君
ケイタ君

なるほどね!「東京コンシェルジュ」なら女性1人で一時帰国した場合も、安心して滞在できそうだね。

そうだね。3人以上の家族連れの人は利用できないけど、1人で一時帰国するときなどに利用してみるといいね。

鈴木先生
鈴木先生
Sumycaが提供するマンションの部屋
出典:Sumyca公式HP
鈴木先生
鈴木先生

2つ目のウィークリー(マンスリー)マンションの予約サイトは「Sumycaスミカ」です。まずは「Sumycaスミカ」の特徴やメリットを確認しましょう。

Sumyca (スミカ)の特徴
  • スマホで簡単予約ができる(即日入居も可)!
  • 希望条件を伝えれば、コンシェルジュが部屋を提案してくれる
  • ワンランク上のマンションに泊まれるン「Staymeステイミー」プランもある
  • 貸別荘・コテージに泊まれる「S-villa」プランあり
  • 「バス・トイレ別」、「最寄り駅5分以内」などのこだわり検索も可 etc.
Sumyca (スミカ)のメリット
  • ​敷金・礼金・仲介手数料なし
  • 家具家電付き・水光熱契約済み
  • 最低入居期間なし(1日から利用可能)
  • 3人以上宿泊可能な物件もある
  • 食器や家電も付いている (自炊できる!)
  • 新築5年以内「築浅物件」にも泊まれる!
  • オートロックマンションも選べて、安心 etc.

実際に「Sumycaスミカ」を利用したことのある知人に、「Sumycaスミカ」のメリットやデメリットを聞いてみました。以下をご覧ください。

鈴木先生
鈴木先生
「Sumyca」を利用経験のある知人の感想
  1. 光熱費も管理費も全てコミコミの料金なので、とっても分かりやすかったです。
  2. 部屋もキレイで、食器や家電も付いていて、助かりました。
  3. 契約のサインや料金の支払いなどの手続き全てオンライン完結し、入居にあたって審査もなかったので、ラクでした。
  4. ただ、「料金が高いこと」がデメリットでした
ケイタ君
ケイタ君

なるほどね!「Sumycaスミカ」も部屋がキレイで、手続きも楽そうだね。

そうだね。「Sumycaスミカ」は4人や5人などの家族連れで一時帰国された方も泊まれる物件もあるので、検討してみる価値はあるね。

鈴木先生
鈴木先生

いかがでしたでしょうか?一時帰国時の滞在先候補4つを紹介してきました。もう一度、確認したい方用に本記事のリンクを以下に貼っておきますね。

鈴木先生
鈴木先生
ケイタ君
ケイタ君

ありがとう、鈴木先生!これで一時帰国時の滞在先の情報が整理できたよ。

どういたしまして!一時帰国時の滞在先は「実家」をベースに考えて、「実家がない」、「実家に泊まれない」などの理由がある人は「ホテル」や「ウィークリーマンション」の利用を検討するといいよ。

鈴木先生
鈴木先生

コメント